コレステロールとチョコレートの関係

あまり良くないイメージがある「コレステロール」という言葉ですが、脂質の一種であり、体にとって重要な役割を持っています。体内に存在するコレステロールは、細胞の膜を作ったり、ホルモンの材料となるなど、健康な体を作るために様々な活躍をしているのです。しかし、大切なのはバランスであり、必要以上の量を摂取してしまうと、健康にとってマイナスな存在となってしまいます。多すぎるコレステロールを排出し、体内のバランスを整えることが必要です。

コレステロールには一般的に悪玉・善玉と呼ばれる2つのタイプがあります。悪玉と呼ばれるLDLコレステロールには、体のあちこちにコレステロールを届ける働きがあり、逆に善玉であるHDLコレステロールは、余ったものを運び出すという働きを持っています。この善玉を増やすことで、体内のバランスを改善することができる、と期待されています。

善玉を増やすことができる食品として、野菜や魚、豆乳などが挙げられます。また、意外なことにチョコレートも、善玉を増やすことができる食品として、注目を集めています。チョコレートが善玉を増やす理由は、そのなかに含まれているカカオにあるようです。カカオは抗酸化作用のあるポリフェノールが多量に含まれているため、健康によい効果をもたらすとされているのです。善玉コレステロールを増加させるためにチョコレートを食べるのであれば、カカオ濃度の高い高ポリフェノールチョコレートがおすすめです。高ポリフェノールチョコレートはカカオがふんだんに使用されているため苦味が強い傾向がありますが、糖分も控えめな物が多く、健康と美容に良いとされています。

一日に25グラムほどの高ポリフェノールチョコレートを毎日食べ続けることで、4週間目には効果が現れたという実験もあり、その効果が話題となりました。毎日少量を食べるだけで良いため、継続しやすい健康法として、これからさらに注目されそうです。

参考:LDLコレステロールを下げる方法・食事・サプリのことなら【コレ捨て!】

カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>