そもそも体の中で水分はどんな働きをしてくれているの?

ミネラルウオーターや白湯など、水分をこまめに飲むことで、健康や美容におよいと言われています。モデルやタレントなどは、1日に2Lから4Lも飲むと言われていますし、その影響を受けて一般人も水を飲む人は多いです。健康にも良いとされる水は、体内では一体どのような働きをしてくれるのでしょう。

人間の体内では多く割合を、水が占めています。体内水分の2/3は細胞内液であり、残りの細胞外液は体の中を循環する体液です。リンパ液や血液、細胞間液などがあります。体内の血液は重要な存在であり、全身の隅々にまで、酵素や栄養素、ホルモンなどを毎日常に運ぶという役割をしています。栄養も運びますが、不要になって老廃物を排出するためにも重要な役割をしています。

人間の血液の大半は血漿の液体であり、これはほとんどが水分より出来ているものです。血漿における水分の割合はなんと91%ですから、ほぼ水です。塩化物イオンやナトリウムイオン、たんぱく質の成分が溶け込んでおり、人間の体内に必須の酵素や栄養素は、この中に溶け込んで全身へ届けられます。ですから順調な血液の長良にとっては、非常に大切な役割を担っていることになります。

体内での水分の働きは、肝臓の働きにも大きく影響をしています。血液は体内において全て、循環する工程において必ず腎臓を通りクリーニングされます。腎臓でのクリーニング通貨がないと、体の中には有害にもなるような老廃物が蓄積してしまうのです。腎臓という器官は、たくさんの水を必要とします。多量の水と一緒に血液の不要物をろ過しています。必要な成分は吸収して、不要物と部位分は尿となり排出されます。

1日あたりの排尿の量というのは、平均して12リットルにもなります。500ミリリットルは排尿しないろ、体内には老廃物が残ります。老廃物を順調に排出させるために、腎臓のスムーズな活躍のためにも、人間の体には必要量の水分が必要になってきます。

カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>